ご滞在の予約
周辺の提携パートナーのホテルをご紹介します。
周辺の提携パートナーのホテルをご紹介します。
ルレ モンマルトル
ルレ マドレーヌから 2 km
リレ サントノーレ
ルレ マドレーヌから 1km

ニュース

イベント
Re-opening summer 2020
エンターテインメント
Create your fragrance at the Perfume Museum.
エンターテインメント
時間を辿る旅:パリのパッサージュ
エンターテインメント
ルーヴル美術館のドラクロワとパリのプティ・パレ美術館のオランダ人画家企画展、どちらも見逃せない展覧会
良い計画
ラ・メゾン・デュ・ショコラ
エンターテインメント
マドレーヌ近辺の3つの演劇作品
イベント
Re-opening summer 2020
Coronavirus (COVID-19) : news
 
Dear customers,
 
Following the decision of confinement stated by the French President, our hotel is temporarily closed for obvious sanitary reasons.
Concerning any booking or cancellation requests, we invite you to contact us only  by email : contact@relaismadeleine.fr
Be certain that all requests will be handled within short time.
We wish you all to keep yourselves in good shape and will be pleased to welcome you back in our hotel, from Tuesday 25th August 2020.

In order to welcome you safely, we have implemented measures that comply with the latest recommendations in terms of hygiene and cleaning, to guarantee the safety and health of our customers and our employees :

  • Respect of security gestures and physical distance by marking on the ground.
  • Wear of a protection mask or a visor.
  • A hygiaphone.
  • Hydroalcoholic gel available for all.

Finally, to allow you to travel with complete peace of mind, on our official website, our prices are flexible and can be canceled until the day before your arrival.

Be certain that we will take very good care of you !


The Relais Madeleine Team.
Coronavirus (COVID-19) : news
 
Dear customers,
 
Following the decision of confinement stated by the French President, our hotel is temporarily closed for obvious sanitary reasons.
Concerning any booking or cancellation requests, we invite you to contact us only  by email : contact@relaismadeleine.fr
Be certain that all requests will be handled within short time.
We wish you all to keep yourselves in good shape and will be pleased to welcome you back in our hotel, from Tuesday 25th August 2020.

In order to welcome you safely, we have implemented measures that comply with the latest recommendations in terms of hygiene and cleaning, to guarantee the safety and health of our customers and our employees :

  • Respect of security gestures and physical distance by marking on the ground.
  • Wear of a protection mask or a visor.
  • A hygiaphone.
  • Hydroalcoholic gel available for all.

Finally, to allow you to travel with complete peace of mind, on our official website, our prices are flexible and can be canceled until the day before your arrival.

Be certain that we will take very good care of you !


The Relais Madeleine Team.
続きを読む
このニュースを共有する
エンターテインメント
Create your fragrance at the Perfume Museum.

Create your own personalized perfume at Fragonard!


The Fragrance Museum:

Just five minutes walk from the Relais Madeleine, the Fragonard house has opened a museum to the public retracing the history of perfume through the ages. There is no need to present this famous perfumery, founded in 1926 in Grasse, a town on the French Riviera, by Eugène Fuchs, who named it after the famous painter born there.  

In a 19th century old theatre, you can admire some 300 works of art related to perfume, from antiquity to today. ​
 

The perfume creation laboratory:

On Saturday mornings, upon reservation, a workshop offers to children and adults to create a personalized perfume, under the direction of a professional perfumery. For an hour and a half, you can create your own fragrance with notes of citrus fruits and orange blossom by picking from a 250-essence scented organ. At the end of this workshop, you will leave with an elegant personalized 100 ml bottle and its pouch, a diploma signed by the teacher and the apron of an apprentice perfumer used during the session.
 


Practical information.
​- Lieu : Musée du Parfum, 3-5 square de l’Opéra-Louis Jouvet, Paris IXè.
- Reservation required on the museum's website.
- Price : 95 €.
- Languages : français, anglais.
- Open to all from 12 years old.
続きを読む
このニュースを共有する
エンターテインメント
時間を辿る旅:パリのパッサージュ
パッサージュに関する要所、特典、情報。見学に役立つ情報
このパッサージュは、1776年に生まれたパリのコンセプトで、その当時の先駆となるものでした。このパッサージュの要素は、中東のバザーのパッサージュからインスピレーションを受けています。1850年代には30ばかりのパッサージュがあり、このモデルはボルドーやナントなどの地方都市に伝わりました。されに、ミラノやナポリへは、より壮大な形となって伝わりました。今日、パリに24のパッサージュがあり、そのうち18は歴史的モニュメントに分類されています。これらの24のパッサージュのうちの10は、第2 区にあります。
これらのパッサージュを見学するために、googleMapで2つのルートが提案されています。携帯電話から利用されることをおすすめします。
  • 第1ルート 1,5 kmでの5つのパッサージュをめぐり、所要時間は1時間30分~2時間です
  • 第2ルート 3.8kmでの9つのパッサージュをめぐり、所要時間は2~3時間です
最も興味深いパッサージュについて詳述します。この記事の最後には、主要な情報を記載した表があります。この表から各場所のwikipedia.frのページを閲覧することも可能です。選択した言語のWikipediaバージョンに変更することもできます。

ギャラリー・ヴェルドー

1947年にオープンしたこのギャラリーは、75メートルの長さにわたります。このギャラリーはオテル・ドュルオー (オークション会場)に近くにあることから、古書や古いはがきや資料を扱うお店、書店、創業1901年の写真店が立ち並んでます。

パッサージュ・ジュフロワ


長さ140メートルのこの魅力的なパッサージュは、創業以来最も訪問されたパッサージュの一つです。パサージュ・デ・パノラマから続いています。金属の骨組みやガラスの屋根や大理石の舗石は、1987年に改修されました。
ここには書店、彫刻店、おもちゃ屋、文房具屋があります。有名な グレヴァン美術館 とその有名な蝋人形は確実に子供たちが気に入るでしょう。

パッサージュ・デ・パノラマ


首都パリの最も美しいパッサージュの1つで、最も古いパッサージュでもあります。19 世紀のパリの雰囲気に浸れるような、当時のままのスタイルが残されています。1998年までパリ証券取引所の所在地であった ブロンニャール宮殿の近くにこのパッサージュはあります。それゆえ、切手収集店、古銭の店、美術職人の店が立ち並んでいます。また、多くのグルメショップや、スターン印刷所(現在のカフェ・スターン、フィリップ・スタークが装飾)やショコラティエ・マーキスなど「当時」のファサードを残したお店もあります。

ギャラリー・ヴィヴィアン

パリで最も美しいパッサージュの1つであるギャラリー・ヴィヴィエンヌは、最長のパッサージュの1つです。ワインが好きであれば、 メゾン・ルグランドという、本格的なワインショップに是非立ち寄ってください。この並外れたワインショップでは、350のドメーヌ、3000のワイン、10000のリファレンスを提供しています。もちろん、店内でテイスティングをしたり、食事をしたりできます。

パッサージュ・ドュ・グランド=セール

この美しいパッサージュの特徴の1つは、その高さが約12メートルもあることです。鍛鉄の骨組みとガラス屋根でできているので、とても快適な光を浴びながら歩くことができます。クリエター、デコレーター、デザイナー、小間物商、ギャラリーといった典型的かつクリエイティブな職人のショップがあります。そして、興味深いブラッスリー: パ・サージュも。


​パリのすべてのパッセージの詳細なリストと詳細な情報を見る: passages.pdf
 

 
続きを読む
このニュースを共有する
エンターテインメント
ルーヴル美術館のドラクロワとパリのプティ・パレ美術館のオランダ人画家企画展、どちらも見逃せない展覧会
お役立ち情報、ヒント、攻略プラン

どちらも、今、パリで話題の、ぜひ見学していただきたい展覧会です。ル・ルレ・マドレーヌが、豆知識と、簡単に見学できるヒントをお教えします。

ルーヴル美術館 ドラクロワ(1798-1863年)展 2018年3月29日~7月23日まで開催

世界で最も来場者数の多いルーヴル美術館の紹介も今回が最後です。6万平方メートルの展示スペースの3万5千点の収蔵品を1作品30秒ずつ、1日8時間鑑賞しても、すべてを見るには36日間かかります。つまり、見学前に十分な準備をしておくに越したことはないのです。ドラクロワ展を紹介する前に、いくつか裏ワザをお伝えするのがよいでしょう。

ルーヴル美術館を攻略するための3つの裏ワザ


地獄のダンテとウェルギリウス - ウジューヌ・ドラクロワ (1822年)
共通チケットの価格(常設展および企画展)は 17ユーロです 現在見学予定時間の予約が必要なため、ルーヴル美術館の公式ウェブサイト でオンライン購入するのがベストです。入場券売り場で購入すると15€ですが、長蛇の列に並ぶことになるかもしれません。
ルーヴル美術館が混雑する時間 をあらかじめ知っておけば、作品鑑賞に役立つでしょう。見学お勧め時間は
  • 午前9時
  • 平日
  • 天気のよい日です
午後4時30分以降、夜であればなおさらよいです(水曜日と金曜日は午後10時まで)正面ピラミッドから入場しようとすると長蛇の列で待つことになりかねないので、避けてください。隣接するショッピングセンター、カルーゼル・デュ・ルーヴル(99 rue de Rivoli)から行くと早くスムーズに入れます。

ドラクロワ展

「民衆を導く自由の女神」により、おそらくフランス文化を最も象徴する画家となっているドラクロワの回顧展がフランス国内で開催されるのは54年ぶりです。
ドラクロワの収蔵数では世界一を誇るルーヴル美術館が、世界各地からコレクションを集めました。旺盛に創作活動を行ったドラクロワの回顧展では、180の作品が展示され、その大部分が絵画です。
展覧会では、ドラクロワのスタイルの多様性ばかりでなく、その優れた革新の能力と演出のセンスに気づくことでしょう。

民衆を導く自由の女神- ウジェーヌ・ドラクロワ、1830年 この絵画は、1830年の7月革命「 栄光の三日間 」を描いています。

「民衆を導く自由の女神」のピラミッド型の構成は、友人であったジェリコーの「メデューズ号の筏」に触発され、前景には裸の死体も描かれています。ドラクロワが「メデューズ号の筏」をモデルとして用いた可能性が高いと考えられています。また、拳銃を振りかざす少年は、1862年に出版されたヴィクトル・ユーゴーの作品「レ・ミゼラブル」のガヴロッシュに影響を与えたと考えられています。
ユダヤの結婚式 - ウジェーヌ・ドラクロワ(1841年)。

1832年にモロッコに到着してから1ヵ月後、ウジェーヌ・ドラクロワは結婚式に招待されました。この出来事は10年近く経って、「ユダヤの結婚式」という作品にインスピレーションを与えることになります。ウジェーヌ・ドラクロワにとって、モロッコは色彩と光と生活の芸術の啓示でした。


ルーブル美術館
ウェブサイト: https://www.louvre.fr/jp/homepage
開館時間:

  • 土曜日から月曜日までの9時~18時。水曜日と金曜日の夜は22時まで。
  • 閉館日 毎週火曜日。1月1日、5月1日、12月25日休館

プティ・パレ美術館 パリのオランダ人画家展 2018年2月6日~5月13日

プティ・パレ にはパリ市の美術品のコレクションが収蔵されています。1900年のパリ万博の際に造られた建物は、コレクションの質の高さと企画展に加えて、ガラスの屋根、漆喰と大きな窓のある建築は、自然光で明るい空間を提供するように設計されており、二重の関心を呼び起こします。

特に改装が成功した中庭の見学もお見逃しなく。観光客や、パリの市民にもあまり知られていない美術館ですが、うららかな季節には特に気持ちよく過ごせます。

ピーク時、チケット価格、オンライン注文、展覧会見学など、あらゆるお役立ち情報をプティ・パレ公式ホームページの「 見学準備」をご覧ください。
アクセス、開館時間、夜間などのすべての情報については、美術館のページ「実用的な情報 」をご覧ください。

プティ・パレ
Winston Churchill Avenue、75008 Paris
http://www.petitpalais.paris.fr/en

1789-1914年、パリで過ごしたオランダ人画家。ヴァン・ゴッホ、ヴァン・ドンゲン、モンドリアン...

1789年のフランス革命後から第1次世界大戦の前まで、数千人以上のオランダ人の画家が芸術的なダイナミズムに惹かれてパリに行きました。この展覧会では、オランダ人とフランス人の画家の関係が絵画にどのような影響を与えているかを示されています。ヘラルド・ファン・スペンドンク、ピエト・モンドリアン、ヘオルヘ・ブレイトネル、フィンセント・ファン・ゴッホなど、オランダの画家9人による交流、影響、高め合いが行われます。それぞれの画家の作品の横には、共通の特徴が際立つよう、ジェリコー、ダビッド、コロー、ミレー、ピカソの作品が展示されています。

オランダの印象派画家、ヘオルヘ・ヘンドリック・ブレイトネルはフランスの絵画の影響を受けました。ブレイトネルはオランダ絵画の特徴である明るい色調を離れ、レンブラントの絵画の特徴であるレンブラント的な色階を学び、より表現豊かで対照的な色調を用いています。ブレイトネルは、1893年から、オランダの伝統からかけ離れた着物の若い女性のシリーズに見られるような、個性を主張します。 
この展覧会では、画家の選択や展示される作品だけでなく、絵画を異なった視点で見ることができるため、何よりも説得力があり充実しています。
お楽しみください!
 


 

続きを読む
このニュースを共有する
良い計画
ラ・メゾン・デュ・ショコラ
チョコレート好きは必見のお店。そのワケは?


ルレ・マドレーヌから200m以内にあるラ・メゾン・デュ・ショコラは、グルメなあなた、またはフランスの象徴的な贈り物を持って帰りたいあなたにはぜひ行ってほしいお店です。ジャンヌ・モロー、キャロル・ブーケなどの多くのセレブが足しげく通うこの店は、40年前にロベール・ランクス.によって設立されました。ジーン・ポール・アーロン をして「ガナッシュの魔術師」と言わしめたお店です。
ラ・メゾン・デュ・ショコラの評判を支えるガナッシュは、見るからに豪華です。
2007年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を授与されたパティシエのニコラ・クロワゾーは、時代を超える様々な製品を創って、創造性と才能を維持し不朽のものにするばかりでなく、クチュリエとして、1年に4つのコレクションの制作も行っています。
どんなお店?ショコラ色のフェルトのインテリア、一線を画すおもてなし、洗練された製品のデザイン、プレゼンテーション、パッケージング。高級感あふれる店内に大満足のはず。
 

甘~い誘惑

チョコレートのアソート(詰め合わせ)は29粒(31€)から169粒(199€)まで。ラ・メゾン・デュ・ショコラは、ミント、フェンネル、シナモン、ジンジャー、ラム、柑橘類、チェリーアーモンド、ラズベリー、ヘーゼルナッツ、コーヒーなどのあらゆる香りの自然のガナッシュを作っていて、驚くほど繊細で優雅な香りと味わいが見事にマッチしています。
 
29粒アソ、ト-31€ー63粒アソ、ト-66€
もちろん、チョコレートのプラリネ、トリュフ、マロングラッセ、オレンジなどのお菓子もありますが、11種類の香りのマカロンでガナッシュをはさんだお菓子や、最近では、見事なエクレアもあります。
ニコラ・クロワゾーは味を追求するとなれば時が経つのも忘れます。ル・サルバドルでは、酸味が少なくフルーティーなラズベリーを見つけるためにあらゆる品種を探求しました。
その風味の安定性の問題を引き起こすカシスの場合も同じでした。そしてついにブルゴーニュで解決策を見つけます。冬に収穫されたカシスの芽は、「カシスペッパー」にするために押しつぶされ、果物のピューレと混合された輸液で処理されます。味はしっかりと広がり、成分は安定しています。



アントレメ・サルバドール -  エクレア・ショコラ -  5€70

ニコラ・クロワゾーは、最近、復活祭のために、魅力的なお魚シリーズを作りました。お魚がかわいらしすぎて食べるのがもったいないくらいです。


ニコラ シェフが作った重さ6.6キロの高さ51cmの魚の群れが横切る 「淡水エッグ」は傑作です。

チョコレート作り

原材料は、カボスと呼ばれるココアの木の実から作られています。この実には、一般にカカオ豆と呼ばれる豆が含まれています。カカオ豆を発酵し、その後数日間日光の下で乾燥します。その後、100〜150度の温度でローストします。次に、豆を粉砕し、甘くしてココアバターと混合します。
まずボンボン(ガナッシュ、プラリネ、アーモンドペースト...)の中身を作ります。ガナッシュクリームを作るために、加熱した香料成分を加え、次にチョコレートと混ぜ、ホイップします。ガナッシュはあまり冷たくしてはいけません。ガナッシュを大理石のテーブルに注ぎ、次に平らにして、刃が取り付けられたギターと呼ばれる道具に2列に通して切断します。その後、ボンボンにチョコレートを注いで包み、手作業で表面を装飾します。
注意 30日以内にお召し上がりください。
どうぞ、お楽しみください!​


ラ・メゾン・デュ・ショコラ
8 bd de la Madeleine - 75009 Paris
月曜から土曜 10時~20時、日曜 10時~13時
http://www.lamaisonduchocolat.fr/fr

 
続きを読む
このニュースを共有する
エンターテインメント
マドレーヌ近辺の3つの演劇作品
現在上演中の演劇作品からの私たちのセレクションをご覧ください
  • 「パプリカ」ル・テアトル・ド・ラ・マドレーヌにて
  • 「この人生のどこかで」ル・テアトル・エドゥアール・ セットにて
  • 「はさみの最後のカット」ル・テアトル・デ・マチュランにて
 

「パプリカ」ル・テアトル・ド・ラ・マドレーヌにて

作品の長さ:1時間40分
エヴァはパーティーを好む陽気な性格の独立した女性です。ある朝、ハンサムな若い男性が彼女のドアに現れます。彼は、彼女の息子であると主張します。エヴァは、自分の本当の正体を告白する勇気がありません。エヴァの嘘と欺瞞は、すぐにどうしようもない状況を生み出します。
ビクトリア・アブリルの才気に満ちた演技、かわいらしいなまり、そして偏在的な魅力が、思いもよらない冒険に観客を引き込むエヴァの人柄の信憑性を表現しています。
時におもしろく、時に感動的で、この作品は最後まで観客を楽しませます。エヴァがどのようにして欺瞞から抜け出すのか知りたくなります。
チケットの価格:4つのカテゴリー、29€、40€、50€、60€
火曜日から土曜日までは21時と午前、土曜日は16時30分 2018年4月7日まで
ウェブサイト: https://www.theatre-madeleine.com/spectacle/piece/paprika


「この人生のどこかで」ル・テアトル・エドゥアール・ セットにて

脚本家イスラエル・ホロヴィッツ と エマニュエル・ドゥヴォス と ピエール・アルディティ
英語字幕付きフランス語作品
作品の長さ:1時間40分

ヤコブ・ブラキッシュは、アメリカの小さな港の村で、英文学や音楽の歴史をずっと教えていました。学生からは恐れられていました。孤立しているので、退職後の生活は簡単ではありません。ロションと一人では解決できないので、キャスリーンのサービスに電話することを余儀なくされました。このサービスの到着が混乱を巻き起こしますが、彼の第二の人生の始まりにもなります。しかし、キャスリーンは掃除や料理のためだけに来たのではないのでしょうか?彼女は一体何を隠しているのでしょう?
50以上の作品の半分がフランス語に訳されているイスラエル・ホロヴィッツは、フランスで最も上演されているアメリカの劇作家です。彼は、60年代のアメリカの演劇だけなく、不条理なフランスの演劇からもインスピレーションを受けています。
 
第1~第6カテゴリー、15~56€
火曜日から土曜日までは21時と午前、土曜日は17時30分、日曜日は15時30分 2018年5月13日まで
ウェブサイト: http://theatreedouard7.com/

「はさみの最後のカット」ル・テアトル・デ・マチュランにて

ポール・ポートナーのインタラクティブな探偵コメディ
作品の長さ:2時間
たった今、ヘアサロンがある建物で殺人が犯されました。4人の容疑者、2人の警官:6人のコメディアンの誰もが、調査の結果を知りません。犯人は、ヘアサロンのオーナーのロマン・カナール、それともシャンプー係のレジェンヌ、それとも2人のお客さんの1人でしょうか?
警察のキャプテンの指導の下、観客が調査し、容疑者を取調べます。休憩中も、調査は継続します。犯人は1人または複数人でしょうか?調査の後、観客は投票します。
このクルードーの部分がおもしろく、その夜の犯人が翌日の犯人と同一人物だとは限りません。
30年の成功と、アメリカでギネスの長年上演記録!
第1~第3カテゴリー、19~38€
火曜日から土曜日までは21時、土曜日は16時と21時 2018年4月28日まで
ウェブサイト: http://www.theatredesmathurins.com/spectacle/316/dernier-coup-de-ciseaux


3つの作品の割引料金:
https://www.theatreonline.com/
http://www.ticketac.com/theatre-paris.htm
 
続きを読む
このニュースを共有する
ご利用いただけません。
お客様の選択した条件では、ご利用できる部屋はありません。次のような理由の可能性があります:

この期間、利用可能な客室がない。
入力した人数が、お部屋の対応人数には一致しません。
詳細については、電話で直接にお問い合わせください。
+33 (0) 1 47 42 22 40
ウェブサイトで最も安い料金を保証
公式ウェブサイトからのご予約により、最も安い価格でご利用いただけます。
最も安い価格
残りの空き部屋
手数料などなしの安全な支払い
ご予約の即時処理。

保証されたベストプライスの計算により、
信頼性の高い、最新データによるリアルタイムデータを利用してホテル料金に関する情報を提供。

公式ウェブサイトの予約ボタンをクリックすると、直接、ホテルの予約システムにアクセスします。この操作では、いかなる手数料も発生しません。